腰痛の原因と生理

生理のときに腰痛が起こる理由は2つの原因が考えられます

生理のときに腰痛が起こる2つの原因とは?

女性の体が生理の状態になることに関係して起こる腰痛があります。

 

その原因には、月経前緊張症と月経困難症の二つがあるといわれます。

 

月経前緊張症とは、生理が始まる何日か前から腰痛などが起こる症状です。

 

また、月経困難症の場合にも、腰痛を始めとして下腹部が不快な感じになったり、痛みが出てくるなどの症状が起こります。

 

ここでは、この二つについて詳しくお伝えすることにしましょう。

 

月経前緊張症による場合

生理が始まる3日〜10日ぐらいの期間に精神的、または身体的なものとして出てくる不調のことをいいます。

 

スポンサーリンク

 

だいたい、生理が始まってしまうと次第になくなってくることが多いです。

 

腰痛だけでなく、腹痛やむくみ、めまいなどの症状が出ることもあります。また、精神的に不安定な感じになってしまうことも出てきます。

 

この月経前緊張症が出てくる原因は、実はよく分かっていません。

 

しかし、さまざまな説があり、一つには卵巣から出るステロイドホルモンがそれに感化される器官を刺激するために起こるのではないかといわれています。

 

その他には、水分がたまった状態や低血糖の症状に似ているため、レニン・アンジオテンシン系が正常に働かなくなるためではないかという説もあります。

 

さらに、耐糖能やセロトニンなどに異常が出てしまうことが原因ではないかとする説もあります。

 

スポンサーリンク

 

月経困難症による場合

月経困難症とは、簡単にいえば生理痛のことです。月経が起こった場合に、下腹部付近や腰などに痛みが出てきてしまうことをいいます。

 

そうなってくれば、勉強や仕事などに支障が出てしまうこともあります。

 

月経困難症には、機能性月経困難症と器質性月経困難症の二つの種類があります。

 

機能性月経困難症は、自然に体の状態によって起こってしまう生理痛のことです。

 

それに対して、器質性月経困難症は子宮の病気などが原因である生理痛を指します。

 

まず、機能性月経困難症が起こる原因には、プロスタグランジンのように、生理の時に子宮内膜に作られる成分が多くなりすぎることが挙げられます。

 

プロスタグランジンは、体にある平滑筋を動かして嘔吐や頭痛のような症状を引き起こします。

 

また、子宮が収縮しすぎることで痛みが出てしまうこともあります。

 

器質性月経困難症は、子宮筋腫や子宮腺筋症、子宮内膜症などが原因となって引き起こされる生理痛です。まれに、子宮の奇形によって生理痛が起こってしまうこともあります。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加