高齢者の腰痛と原因

高齢者の腰痛の原因として考えられる主な疾病には何があるか

高齢者の腰痛の原因として考えられる主な疾病

高齢者の方は、いろいろと健康に気を使っているつもりであっても、さまざまな健康的なトラブルに見舞われてしまうこともあるものです。

 

高齢者の場合は特に、関節や骨に関する悩みが多いようです。

 

それらと大きく関連しているのは腰痛です。

 

ここでは、高齢の方を悩ませる腰の痛みについて考えてみたいと思います。

 

変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)

私たちの背骨は、ひとつひとつにすき間があり、その間には「椎間板」と呼ばれるクッションが挟まっています。

 

スポンサーリンク

 

この椎間板が背骨への負担を調整することで、歩いたり走ったり、またはそれ以上の激しい運動を可能とします。

 

しかし高齢者の場合、この椎間板はしだいに薄く変形していきます。

 

それと同時に背骨は角張っていき、いわゆる「棘」のように鋭く尖っていきます。これは「変形性脊椎症」と呼ばれています。

 

腰痛の出方としては、睡眠をとった後の起床時や、同じ姿勢で長時間作業した後などに、急に体を動かそうとしたときに現れ、これが腰痛の原因となります。

 

ほかの痛みとの違いは、しばらく体を動かしているうちに自然と痛みが消えてしまう点にあります。

 

対策としては、血行を良くするために軽い準備運動を行うことです。

 

ラジオ体操や朝風呂を習慣にすることも有効です。

 

骨粗しょう症

骨の密度が低下することで、骨そのものの耐久性が大きく低下してしまうことで、腰痛を含むあらゆる問題の原因となる症状です。

 

スポンサーリンク

 

高齢者の中でも、特に女性に多いと言われています。テレビなどではよく耳にするため、ご存知の方も多いでしょう。

 

高齢者は、食べ物からの栄養の吸収が難しくなります。カルシウムの量が低下することで、骨の密度が低下するのです。

 

年齢を重ねることによって必然的に起こることであり、避けることはなかなか難しい病気とも言えます。

 

骨密度が低下していく段階での自覚症状はほとんどなく、身長が目に見えて低くなった場合や、骨が圧迫され変形した時点で発生する腰痛により、はじめて気がつくというケースは少なくありません。

 

坐骨神経痛

腰から足先にかけて伸びている「坐骨神経」に対し、何らかのトラブルにより痛みやしびれ、麻痺などを発生させる症状を「坐骨神経痛」と呼びます。

 

腰痛の原因となる症状ですが、進行すると歩行の障害になることでも知られています。

 

これは若い方にも見られる症状であり「椎間板ヘルニア」などを経由して発症します。

 

高齢者の場合は、上記の骨粗しょう症などによる骨の変形により、坐骨神経を圧迫する原因となります。

 

神経が圧迫されているため、腰痛だけでなく脚のしびれなどを併発するケースがあります。

 

筋肉による腰痛であれば、安静にすることで痛みが収まりますが、坐骨神経痛が原因の場合、簡単には痛みが収まらない場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加