腰痛の原因

腰痛の原因はどこにあるのか?〜腰痛の原因Campus

あらゆる腰痛の原因について考えてみましょう

腰痛に悩まされている人は本当に多いですね。

 

厚生労働省の研究班によると、日本人の腰痛持ちはなんと2800万以上いるとのことです。

 

つまり、日本人の4人に1人がなんらかの原因により腰痛を抱えているということになります。

 

一般に腰痛といっても、ストレスから来る心因性のものや内臓疾患からくるものなどがあり、その原因はさまざまです。

 

腰痛の8割は原因不明といわれており、現代医学をもってしてもその原因を解明できないところが腰痛に悩む人をより深刻にさせています。

 

スポンサーリンク

 

このサイトでは、腰の痛みに悩む人のために、その原因や対処法についてさまざまな角度から解説してみました。

 

腰痛に悩む人の参考になれば幸いです。

 

くしゃみで腰がギクッとなったしまった!

くしゃみをした拍子にぎっくり腰で動けなくなる…冗談みたいな話ですが、このようなケースはかなり多いようです。

 

とくに高齢の方の場合は、くしゃみひとつで背骨を潰してしまう場合もあるほどです。

 

《この記事の続きを読む》

 

8割がストレスなどの心因性で腰痛を発症する?

腰痛にはさまざまな原因が考えられます。

 

思い当たるのは「姿勢が悪い」「太りぎみ」などですが、実は「人の気持ち」のような曖昧ではっきりとしない要素が、腰の痛みに大きく関わっていることが知られています。

 

《この記事の続きを読む》

 

急性のぎっくり腰はなぜ起こるのか?

荷物を持ち上げたときや、くしゃみをしたときなど、何気ない行動が原因となって腰に急激な痛みを発生させることがあります。

 

「ぎっくり腰」と言えば、心当たりのある方も多いでしょう。専門的には急性腰痛と言われています。

 

《この記事の続きを読む》

 

血尿と腰の痛みが同時にでるときはどんな病気?

腰痛は、その大半が原因を特定できない「腰痛症」と診断されることが多く、対処は困難なものと考えられています。

 

しかし尿の色が赤くなる「血尿」が出ているいる場合は、その原因をはっきりと特定できるかもしれません。

 

《この記事の続きを読む》

 

多くの腰痛は大腰筋という筋肉のトラブルに原因があります

腰痛を感じた場合、その原因は腰の骨にありそうだと考えがちですが、実はそのほとんどが筋肉にあるということをご存知でしょうか? 

 

腰の骨には何ら問題がないとしても、あるひとつの筋肉のトラブルが腰の痛みとなってあらわれることもあるのです。。

 

《この記事の続きを読む》

 

寝起きのときに腰痛を発症する理由とは?

あなたは、起きるときの腰痛が気になってはいませんでしょうか? 

 

寝起き時の腰痛は、椎間板ヘルニアの兆候であるとも言われており、決してその症状を甘く見てはいけません。

 

《この記事の続きを読む》

 

姿勢が悪いと腰を悪くしてしまうのはなぜか?

腰痛の原因といえば、どのようなものを思い浮かべるでしょうか? 

 

肥満、加齢、運動不足などさまざまですが、実は「姿勢」も影響が大きいもののひとつです。

 

特に一日中パソコンに向かうような仕事をされている方には大きな問題であり、動かないことで運動不足と肥満に加えて、姿勢の悪さが腰痛を引き起こすのです。

 

《この記事の続きを読む》

 

肥満が腰に与える影響とその原因

腰痛をお持ちの方が抱えている共通の問題点としてよく挙げられるのは「肥満」ですが、体重が重いのだから腰への負担が大きいのはあたり前と考えている方は多いでしょう。

 

実際には、重さだけでなくさまざまな原因が要因となることが知られています。

 

《この記事の続きを読む》

 

原因不明の腰痛の多くはストレスが関係している?

医学が進歩した現代においても、腰痛の多くは原因不明だと言われています。

 

CTスキャンやMRIなどを使用した検査を行っても、原因がはっきりとわからないケースが大半なのです。

 

原因がはっきりとわからないためになかなか治りづらく、数ヶ月にわたる慢性的な痛みに移行していくことも珍しくありません。

 

《この記事の続きを読む》

 

妊娠で腰がいたくなるのはなぜですか?

妊娠中となれば、さまざまなトラブルが発生します。腰痛もそのひとつであり、多くの妊婦さんを悩ませています。

 

お腹が大きくなり、その重さが原因となって腰が痛くなると考えられがちですが、本当にそれだけなのでしょうか?

 

《この記事の続きを読む》

 

生理で腰痛を感じることがあるのはなぜでしょう?

女性の体が生理の状態になることに関係して起こる腰痛があります。

 

その原因には、月経前緊張症と月経困難症の二つがあるといわれます。

 

《この記事の続きを読む》

 

婦人科系の病気から腰に違和感や痛みを感じるケース

腰痛は、若い方からお年寄りまで、とても幅広い年齢の方々に現れる症状です。

 

その原因は運動に関わるものから心因性のものまで、これも同じく多岐にわたっているといえます。

 

中でも、女性の方は男性に比べると腰痛になりやすいようです。本来の原因のほかに、婦人科系の病気が原因とされるものまで含まれてくるからです。

 

《この記事の続きを読む》

 

腰に鈍痛を感じるときに考えられる2つの理由

腰の痛みにはさまざまな種類がありますが、いつまでも続く鈍痛は嫌なものです。

 

しっかり受診をして治療したいところですが、どのような病気が潜み、どんな治療が行われるのかが気になるところです。

 

こちらでは、痛みの中でも鈍痛が特徴的な腰痛についてご案内しています。

 

《この記事の続きを読む》

 

風邪を引いたときに腰に痛みを感じることがあるのはなぜ?

発熱と頭痛、鼻水が止まらず喉も痛い…これら典型的な風邪の症状には、誰しも思い当たるでしょう。

 

実はこれらに加えて腰に痛みを感じる方が少なくないのはご存知でしょうか? 

 

これは気のせいでもなんでもなく、風邪の時には腰痛が引き起こされる原因があるのです。

 

《この記事の続きを読む》

 

腰に激しい痛みを感じるときに考えられること

一言で腰痛といっても、その痛み方はさまざまです。

 

我慢のできる痛みだけであれば良いのですが、残念ながら我慢できないほどの激しい痛みというのも存在します。

 

そんな激しい痛みが腰に発生した場合、どのような原因が考えられるのでしょうか?

 

《この記事の続きを読む》

 

高齢者の方にあらわれるさまざまな腰のトラブル

高齢者の方は、いろいろと健康に気を使っているつもりであっても、さまざまな健康的なトラブルに見舞われてしまうこともあるものです。

 

高齢者の場合特に、関節や骨に関する悩みが多いようです。

 

それらと大きく関連しているのは腰痛です。

 

ここでは、高齢の方を悩ませる腰痛の原因について考えてみたいと思います。

 

《この記事の続きを読む》

 

なかなか腰痛が治らないときに考えられる原因は?

多くの方が腰痛に悩んでいます。中には数ヶ月ににわたって引きずっているケースも少なくないようです。

 

そのため、腰の痛みとはなかなか治らないものであると認識している人は多いようです。

 

いつまでも痛みから解放されない原因はどこにあるのでしょうか?

 

《この記事の続きを読む》

 

内臓疾患から来る場合の症状の特徴

腰痛の原因は主に3つに分けられます。1つは外傷や悪い姿勢が原因の運動性のもの、そして2つめが精神的要因、3つめが内臓疾患からくるものです。

 

その中でも一番気をつけたいのが内臓疾患によるものです。

 

《この記事の続きを読む》

 

慢性的な痛みがあるときの原因特定は難しい

人間のからだは、二本の脚で自立して歩くことができる構造をしています。

 

しかしそのしくみ上、いわゆる腰と呼ばれる部分には大きな負荷が常に掛かってしまうものです。その結果、腰痛で悩む方は少なくありません。

 

この腰痛は、大きく二種類に分けられていることをご存知でしょうか? ぎっくり腰などの突然の強い痛みを伴う「急性腰痛」と、長期的に続く「慢性腰痛」です。

 

これらは痛みの期間が違うだけでなく、その原因にも大きな違いがあると考えられています。

 

《この記事の続きを読む》